よくいただくご質問について

(家庭学習について)
Q.まったく本を読まないのですが、何をすすめたらよいか分かりません


A.スターグローブでは、成長期における良書との出会いは、その後の自分を形成する上で非常に重要なことだと考えます。2F発展学習スペースのロビーでは、まだまだ数は少ないですが、児童書から学術書まで素敵な本との出会いを充実させていく予定です。また、生徒投票により月1回リクエストの多かった本を購入して書棚に加えるなど、本を身近な存在として感じる雰囲気作りにも取り組みます。自分の好きな本の良さを聴衆に伝えて競うビブリオバトルも行事イベントに組み入れたいと考えています。保護者の方向けの本も充実させていきたいので、ぜひロビーをのぞいてみてください。

 

Q.部活から帰るとすぐ寝てしまうのですが、勉強時間が少なくて心配です


A.受験の有無や時期にもよりますが、家庭学習の習慣がついていない子がいきなり長時間机に向かうのは無理がありますし、また時間が長いだけで、どのくらい学習効果があるかは疑問です。スターグローブでは、まずは「学ぶ姿勢を正す」ところから始めます。講習期間に「学び方レッスン」のを行うほか、時間をかけて生活スタイルを見直していきます。スターグローブに通う皆さま、数か月をかけて学習習慣を身につけていきますので「宿題を無理やりやらされている」という感覚もなく、自分の意志で学ぶ時間をとるようになるかと思います。

 

(塾選びについて)
Q.中学受験を考えているのですが、難関校向け指導はしてもらえるのでしょうか。


A.難関中学入試はご家庭と塾が二人三脚となった周到な準備が必要です。スターグローブでは生徒一人一人に目を行き届かせたいため、つきっきりの指導を要する難関中学受験者には現在責任あるサポートをお約束できません。

 

Q.どんどん先に進めるプリント学習の塾と、どちらがよいか迷っているのですが


A.スターグローブは、先取り学習を否定はしませんが、肯定もしません。重視しているのは知識の定着と、そこからの発展・応用できる思考力です。塾でも学校でも、授業はきっかけにすぎません。大事なのは、生徒が自分で課題を整理していく時間を確保すること。自分が何を理解できていないかを自分で発見し、借り物ではない自分だけのクエスチョンとして先生に発問することで、力がどんどんついていきます。そのため、スターグローブでは、「自習」ではなく「発展学習」という言葉を使います。

 

Q.市が尾駅の近辺の住民ではないのですが、通っても大丈夫でしょうか?


A.スターグローブは市が尾に位置しますが、近隣学区の小中学校に密着した補習塾ではありません。通っていただく価値のある、他にないユニークなコンセプトの塾だと自負しておりますので、通塾生や問合せしてくださる家庭の多くは、数駅離れたところにお住まいです。当教室は市が尾駅とバスロータリーから近く、すぐ裏には駐輪場、コインパーキングと交通の便が大変よいところにありますので、通塾時間の負担は少ないとは思いますが、実際にお越しいただいてご自分の足で「これなら大丈夫」とお確かめいただくのがいちばんです。

 

(授業について)
Q.個別指導と書かれていますが、何対何の個別指導ですか?


A.私たちの取り組みでは生徒の学習内容にしたがって講師の数を変えています。授業は生徒数が最大12人に対して主コーチが1名とティーチングアシスタントが0~数名という体制となります。発展学習の時間も自由に質問をしていただける環境を用意しておりますので、お気軽にご質問ください。